エンタメ

内村航平モラハラ7選!嫁姑の確執は本当に航平の子ですか?から始まっていた

内村航平モラハラ7選!嫁姑の確執は本当に航平の子ですか?から始まっていた
Pocket

今回は「内村航平モラハラ7選!嫁姑の確執は本当に航平の子ですか?から始まっていた」についてです。

2022/1/19 週刊文春によるスクープです。

体操界のレジェンドであるキング内村航平(うちむらこうへい)によるモラハラで、妻の千穂さんが摂食障害になり、体重が33キロ台まで落ちてしまったという内容です。

これだけも驚きですが、この他に別居や離婚の旨をLINEで伝えたりなど、人間性を疑ってしまう内容がたくさんあります。

それでは、「内村航平モラハラ7選!嫁姑の確執は本当に航平の子ですか?から始まっていた」について順を追ってみていきたいと思います。

 

内村航平モラハラ離婚!LINEで別居宣言された妻は33キロに激やせ!

盛大に開かれた引退会見でしたが、妻の千穂さんと8歳長女の斗碧(とあ)ちゃん、6歳の次女の千碧(ちあ)ちゃんは、会見を知らされていなかったそうです。

体操人生を支えてきた家族が、引退会見があることを知らないなんて、普通ならあり得ないと思いますが、本当だとしたら、この時既に「家庭崩壊」していたのかもしれませんね。

 

内村航平のモラハラ①妻が不調を訴えても無視

 17年4月、千穂さんの身体に異変が起きる。内村君の大会の応援を終えた千穂さんは家に帰ると、突如、目眩や体の震え、吐き気などに襲われたのです。すでにベッドで寝ていた内村君に『救急車を呼ぶかもしれない』と伝えましたが、彼は『ん』と相槌を打つだけ。救急車を呼ぶと大ごとになってしまうと考えた彼女は両親に助けを求め、翌朝病院に行くことになりました」(内村夫妻の知人)

引用:週刊文春オンライン

思いやりのかけらも感じられない態度ですが、これが本当なら人間性を疑いますよね。

思いやりを感じないと言うより、何だか人として怖いです。

病院では、MRIやレントゲン撮影、胃カメラなどの精密検査を行なったそうですが、異常は見られなかったとのこと。

その後、千穂さんは原因不明の病で定期的に病院に通うようになります。

しかし、内村の大会が近づくと、不調を覚えるようになり、義理母である、周子さんらと顔を合わせることへの負担が原因と考えるようになったということです。

大きなストレスを抱えていたのかもしれませんね。

 

内村航平のモラハラ②心療内科に通院中の妻への冷たい言葉

20年3月下旬、東京五輪の延期が決定。千穂さんは、3カ月後の6月頃から今度は心療内科へと通い始める。抗不安薬を処方され、毎日服用するようになった。千穂さんは通院について内村に報告していたが、彼から返ってきたのは、「理解できない。自分の脳のことなんだからコントロールしろよ」という言葉だった。

「千穂さんが『先生の話一緒に聞いてほしい』と何度伝えても、内村君からは『行ったところで何も理解できないよ』と言われるだけ。彼はメンタルが強いから、本当に彼女の苦悩がわからないのかもしれません。千穂さんは言葉少なに『夫から見放されたようだった』と漏らしていました」(前出・夫妻の知人)

引用:週刊文春オンライン

ふたりの子育てをしながら、大会があれば必ず駆けつけて家族で応援し、常に夫を支えている妻へ掛ける言葉とは思えませんよね。

普通なら、妻が心療内科に通院している時点で、そもそも心配するはずです。

体操界のレジェンドであるキングの地位を守り抜くことが大変なのは分かるのですが、最低限の思いやりと言いますか、人間性はあって欲しいものです。

それでも千穂さんは、育児に追われる傍ら、最後の大舞台に臨む夫を支えようと、妻として、元体操選手としてできることを考えてきたそうで、我慢強さが伺えます。

 

内村航平のモラハラ③手料理を目の前にして「ウーバー頼んだから」

食事については、コナミやナショナルトレーニングセンターで練習していた際には、食べて帰ってくることが多かった内村。休日は千穂さんが「娘と一緒に食べられるように」と、煮込みハンバーグや野菜スープなどの手料理を作っていたという。ところが、出てきた料理を見た内村は、「ウーバー頼んだから」そう一言だけ告げ、自分の分だけピザや牛丼を頼むことも少なくなかった。千穂さんは友人たちに「作った料理を前に出前って、本当に悲しいよ……」 とこぼしていたという。

引用:週刊文春オンライン

内村航平さんは偏食で有名だそうですが、それにしても子供が小さなうちは、出来るだけ家族で食卓を囲むことが大切であると思いますし、あまりにも身勝手だと思います。

作った人への感謝や思いやりも全く無視で、やはり人間性を疑ってしまいますよね。

 

内村航平のモラハラ④妻の想いを汲み取らない

「千穂さんが試合前に神社に足を運び、『怪我をしませんように』とお守りを買ってきたことがありました。怪我だけは避けて欲しいと祈っていたのですが、内村君からは『そんなもの信じていないから』と冷たく言われたそうです。そうしたことが重なり、彼女は孤独感を募らせていきました」(前出・夫妻の知人)

引用:週刊文春オンライン

「そんなもの信じていないから」って、信じてなくても、妻の想いを汲み取って受け取るものじゃないんですか?

ファンや大切な体操関係者からお守りを渡されても、同じように返すのでしょうか?この辺りも人間性を疑います。

 

内村航平のモラハラ⑤33キロまで激やせして寝込んでる妻と子供を放置

身長150センチで体重40キロと、もともと細身の千穂さん。さらに激ヤセし、一時は33キロ台にまで減らしたのだった。昨年11月19日、千穂さんからのSOSを受けた彼女の両親は内村の自宅に到着。目にしたのは、寝たきりの千穂さんに寄り添う2人の娘の姿だった。「娘たちは自らご飯をよそい、味噌をつけて食べていた。千穂さんの母親が『なんでパパに言わなかったの?』と聞くと、『パパはやってくれない』と答えたといいます。(前出・千穂さんの知人)

引用:週刊文春オンライン

これを読んだときに、少し怖くなりました。

千穂さんにSOSを出せる人がいて、本当によかったです。

寝込んでいる人や子供を放っておくなんて、普通の精神状態なら出来ないと思うのですがどうなんでしょうか?

もしこれが本当なら、心療内科に行くべきは、千穂さんではなく内村航平さんだと思います。

 

内村航平のモラハラ⑥子供には「邪魔」と言い「無視」を決め込む

「家ではソファーに座って、ニンテンドースイッチやポケモンGOとかで遊ぶか、スマホで動画を見ることが大半。娘たちが遊んで欲しくて声をかけても『邪魔』と言うか、無視するだけで、公園に連れて行くようなこともありませんでした。娘たちはパパが大好きなんですが……。千穂さんも『体操が第一』と分かっています。『僅かでもパパらしく相手をしてくれれば』と嘆いていました」(同前)

引用:週刊文春オンライン

昔、何かの取材で、ご家族で公園で遊ぶ姿をみたので、これを読んだ時に俄かに信じがたい内容でした。

ただ、時が経つにつれて、夫婦関係や本人の心境が変わってきてしまったのかもしれませんね。

 

内村航平の母からもモラハラ⑦「本当に航平の子ですか」

妊娠当時、その周子さんから、こう聞かれたという。「本当に航平の子ですか」思わず絶句した千穂さん。以前から「何かあったら俺が守るよ」と優しい言葉をかけていた夫は、母の言葉に怒ることはなかった。

引用:週刊文春オンライン

嫁姑問題はいつの時代もどこにでもあるものですが、「本当に航平の子ですか」は、キツイですよね。

妊娠をきっかけに結婚をしたそうですが、そもそも結婚前から、嫁姑問題は既に始まっていたようです。

以上、内村航平さんについてのモラハラについてお伝えしましたが、支える千穂さんも大変ですが、体操界のキングと言われる重圧で、本人も苦しんでいたのかもしれません。

これらの記事は、あくまでも奥様である千穂さんサイドからの発言なので、内村航平さんの言い分もあると思いますし、事実でない内容もあるかもしれません。

むしろ、事実であって欲しくないとも思います。

 

内村航平モラハラ離婚!LINEで妻に別居宣言は本当?

LINEで別居や離婚の話をするなんて、常識では考えられないと思うのですが、どうなんでしょうか?

可愛い娘達にも会えなくなるのは、全く平気なのでしょうか?

 

内村航平がLINEで別居や離婚を妻に宣言

33キロまで激やせした千穂さんは、しばらく実家に帰り、療養していたそうですが、そんな時に、離婚したいと一方的にLINEを送りつけてくる内村航平さん。

夫から突如、LINEで送られてきたのは、〈離婚の意思は変わらないのでとりあえず別居します〉とのメッセージ。さらに〈今後のこととか何か用事があるようだったら写メの人に連絡してください〉と、弁護士の名刺も写真で添えられていた。 驚いた彼女は〈子どものこともあるから話し合いたい〉と返信したが、いつまでも「既読」にならない。

引用:週刊文春オンライン

会って話し合うこともせず、取り合ず別居?!弁護士を通して連絡を、って驚きです。

さらに、それから1ヶ月後、

約1カ月後の12月26日、女性が娘を連れて自宅に戻ると、タバコの吸い殻が放置され、飲みかけのコーヒーにはカビが生えていた。いつも使う服や靴、体操関係の愛用品は消えていたが、その他の私物は残されたまま。玄関には、定期的に届く飲み物の段ボールがそのまま置かれていた。

引用:週刊文春オンライン

それまで離婚の話などは一切出たことがなかったそうで、寝耳に水だったようです。

話しはズレますが、えっ?タバコ吸うんだ!って、少し驚きました。

「それまで離婚の話題が出たこともなければ話し合いをしたこともなかった。にもかかわらず、一方的に離婚を告げられ、家に戻ると“もぬけの殻”。千穂さんは途方に暮れています」(前出・夫妻の知人)

引用:週刊文春オンライン

週刊文春のインタビューによると、妻である千穂さんは、今もなお、内村航平さんがどこにいるのかすら分からないそうです。

無責任すぎますよね。

 

内村航平の引退会見での言葉に疑問

「僕は小さい時からずっと父親に”体操選手である前に一人の人間としてちゃんとしてないとダメだ”と言われ続けて育てられたので、その意味がよく分かった」

引退会見より

さらに後輩には、

結果を残していくなかで、人間性が伴ってないと誰からも尊敬されないし、発言に重みがない。体操選手である前に、1人の人間としてちゃんとしないと駄目だ。やっぱり結果を残してきた身としては、人間性というところに重きを置いてやってほしいな。

こんな言葉を送っているそうです。

何が真実なのか判然しませんが、今回のモラハラ騒動について、人間性というところにきちんと重きを置いていれば、こんなことにはならなかったのではないでしょうか。

 

内村航平モラハラ離婚について実母周子から反論!

報道に対して無視を決め込んでいた内村航平さんの実母である内村周子さんは反論!

 

内村航平の実母である周子さんの反論!

今回の週刊文春の内容について、全ては妻である千穂さんのご両親が、自分達の都合のいいように、あることないことを勝手に話しているのだと反論。

さらに、千穂さんのご両親とは、ちゃんとお話ししたことが今までもないそう。

結婚してかなり経ちますが、そんなことってありますかね?

息子夫婦や家族がこれからどういうことになるかは、当人じゃないと私にはわかりません。航平本人に直接お聞きになるのが正しいのだと思いますよ、とのこと。

子離れできない母として有名な周子さんですが、このことに関しては無関心なのが不思議でなりませんね。

こんな言葉を聞くと、嫁や孫に関心がなく冷徹な印象ですね。

内村航平さんはお母さんの遺伝子をしっかり受け継いでいるようです。

 

まとめ

今回は「内村航平モラハラ7選!嫁姑の確執は本当に航平の子ですか?から始まっていた」についてですが、如何でしたか?

何度も言いますが、あくまでも妻側からの話しですので全てが真実とは限りませんが、火の無いところに煙は立ちませんよね。

この内容が本当だとするなら、奥さんはもちろんですが、子供達も可哀そうです。

体操界のレジェンドでありキングと呼ばれた内村航平さんですが、実のところ昔からずっと応援してましたし、強くてカッコイイので好きだったからショックでした。

引退されてこの先どうされるのか?気になるところですよね。

ただ、このままだと、あまりにも印象も悪いですし、指導者としてはどうなんだろ?解説者としてもちょっと。。。なので、心配でもあります。

何よりも、内村航平さん側からの話しも聞いてみたいですよね。

以上、「内村航平モラハラ7選!嫁姑の確執は本当に航平の子ですか?から始まっていた」に、最後までお付き合い下さりありがとうございました。

ABOUT ME
tomomi
世の中の流行や気になることに自分の意見をちょっとだけ足してお伝えしてます。